>  > 馴れ馴れしいのが良かった

馴れ馴れしいのが良かった

涙袋がとっても印象的な風俗嬢、Cちゃんは可愛いのはもちろんのこと、良い意味で馴れ馴れしいというか、はじめましての挨拶の時だけで敬語は終了。それ以降はずっとフランクに話しかけてくれるし、話しかけるだけじゃなく、裸になってもこちらに密着してくれたり、フェラにしても笑顔を見せながらスキンシップと共にしてくれたりと彼女はとにかく基本的に馴れ馴れしいんですよ。でもそれが逆に良かったんですよね。風俗で相手と距離を感じているよりも、距離が近い方が燃えるじゃないですか。それにそれだけで嬉しい気持ちにもなれると思うんですよね。そんなことを感じながらのプレイは忘れられないものになりました。またいずれ彼女と一緒に楽しみたいと思わせてくれました。大人しそうな女の子と徐々に距離を縮めるのも良いですけど、初めからガンガン来てくれる馴れ馴れしい女の子とのプレイも決して悪いものではないんだなってことに気付かされたような気がしますね。

自分でも褒めてあげたいですよ

その日の風俗に関しては自分自身を褒めてあげたいなと思いましたね。なぜならその日は自分でも結構疲れていたんですよ。でも予約した手前、やはりせっかくだから風俗を楽しまないとなと。それで風俗店に行って、そして女の子と楽しんできたんです。ただその日、なんでキャンセルしなかったのかというと、人気嬢と評判のSちゃんだったんです。彼女、はっきり言って予約しなければ相手をしてもらえないレベルだし、予約解禁になると同時に一気に埋まるとまで言われている程の人気嬢の予約が出来たんです。多少疲れていても行くのが男ってものです。そして実際に行って彼女と3回戦程楽しんできました。彼女を前にしたら疲れなんて吹っ飛びましたね。次の日会社でもそんなことは関係なく、彼女との時間を満喫しました。なんで人気があるのかが良く分かる彼女の妙技を味わいつつ、満足。お店を出た時にはさすがにフラフラでしたけど、そんな自分を褒めてあげたいなって思いました。

[ 2016-07-20 ]

カテゴリ: 風俗体験談