>  > ただ側にいたってだけですね

ただ側にいたってだけですね

こんな気持ちを風俗で抱くとは思っていませんでした。相手をしてくれたkちゃん。彼女は可愛いとは思いますが、誰が見ても可愛いって思うような圧倒的な可愛さではなく、仕草が可愛らしいんですよ。顔を近づけてくるし、それにちょっと大きめの前歯がこれまで良い雰囲気。それに彼女自身、いわばこちらにガンガン近づいてくるタイプなんですよね。だから距離感が分からなくなるというか、気付いたらまるで相手のことが好きになっているかのようなドキドキ感となっていました。実はそれ以来、風俗は彼女のことしか指名していないんですよ。そんなことを言えば他の風俗嬢は気持ち悪いとか思うかもしれませんが、彼女は「嬉しい」って言ってくれるんですよ。しかも「浮気禁止だからね」とかまで言われたらこちらとしても嬉しいじゃないですか。自分としても彼女は風俗嬢とお客だと理解しているつもりなんですけど、そんな理屈抜きに、もはや存在そのものに惹かれているのかなとも思いました。

素直にリクエストしてきました

街コンに行って来たんですけどかなりの消化不良。このまま家に帰ったらなんだかムシャクシャしたままで寝つきが悪くなるよなってことで、この気持ちをリセットするのは風俗しかないってことで風俗に行ってきました。相手のMちゃんはアイドルオーラを出している人懐っこい美女。にこやかでこちらに接してくるんです。それだけでこちらは嬉しい気持ちになりますし、なんだかとても素直になれるのでリクエストもしてきました。いつもだったら言いづらいかなって思っちゃうようなこともあったんですけど、でも彼女にはなぜか素直に言えるんじゃないかなって思ったんですよね。そういったことを楽しませてもらえたんです。それはきっと彼女の存在感のなせるものなのかなって思いましたね。こればかりは相手としても本当にいろんな気持ちがあるとは思いますけど、少なくとも自分は彼女のおかげで大満足することが出来ました。彼女のあの雰囲気は一度味わうと癖になりそうですよ。

[ 2016-12-19 ]

カテゴリ: 風俗体験談